会社設立について

まずは、お話をじっくりお伺いします。

 

会社設立はお任せ下さい!ご相談は無料です。

会社の設立に際して十分なアドバイスを受けたい、又は相談してみたい、聞いてみたい事があるお客様はお気軽にご連絡下さい。

 

費用を安くするために、十分なアドバイスを受けずに会社設立をした・・・

手間ひまかけてご自分で手続きをした結果、不十分だった・・・

このようなことが起こらないよう、当事務所では、まず一度ご面談し、お話をお伺いします。

会社の事情に合わせて、会社設立後も柔軟に対応致します。

独立したばかりで人を雇うお金がない。

経理担当がいない、経理の知識がない。

お勧めの経理ソフトを教えて欲しい。

 

このような場合も併せてご相談下さい。

 


会社設立の業務内容

 

1. 定款、議事録等の作成

 (商号、事業目的、資本金、決算月、役員構成等をご相談しながら進めます)


2. 電子定款の認証作業の代行(公証人役場)


3. 法務局へ提出する書類の作成支援(お客様ご署名) 

 

 


会社設立のためにお客様にご用意いただくもの

 

1.資本金(1円以上)

 

2.資本金を出す人(発起人といいます)の印鑑証明書 ※1

 

3.取締役に就任する人の印鑑証明書

 

4.会社の印鑑 

会社の代表印(実印)は、法務局に登録します

 

5.お申し込み者本人を確認できる証明書

(運転免許証 or 健康保険証)のコピー ※2 


※1.資本金を出す方が法人の場合は、法務局に登録されている会社の代表印の印鑑証明書と、登記簿謄本が必要です。

※2.犯罪収益移転防止法により本人確認を義務付けられていますので、ご協力をお願いします。

会社設立の流れ

株式会社設立の流れは以下の通りです 。

  

1.まず役員及び発起人の印鑑証明書、住民票などを取得し、事前にFAX・PDFにて送り下さい。(原本は後日必要となります) 

 

2.定款内容(商号・目的など)の確定をします。

 

3.公証役場において電子定款認証を行います。

 

4.金融機関に資本金を振込し、その通帳のコピーを取って下さい。

 

5.登記申請書一式を作成します。

 

6.登記する会社実印を押印し、管轄法務局に申請です。

申請日が会社設立日になります。土日祝日は申請できません。

 

7.法務局の審査は通常5営業日前後です。

 

8.審査完了日以降、謄本等の会社資料が取得可能です。法務局からの審査完了の連絡はありません。

 

会社設立にかかる費用

税理士事務所だから、設立後も安心

 

お客様には初期費用をなるべく抑え、資本金は本業に使ってもらい、会社の利益に貢献したい、会社設立完了後も、安心して経営に取り組んでもらいたい、との思いから、このプランをご用意しました。リブロス総合会計事務所を利用して株式会社を設立するときの通常の場合、費用の総額は表のとおりです。

ご自分で定款、議事録作成の手間をかけ会社設立した場合と、当事務所にご依頼された場合を比較しています。

東京都内に限ります。

費用内訳 

自分で設立

当事務所で作成

公証人手数料

52,000円 52,000円
収入印紙代 40,000円 0円
登録免許税 150,000円 150,000円

実費合計

242,000円 202,000円

当事務所手数料 

0円 43,200円

税務届出書作成・提出

社長の数時間 0円

合計金額 

242,000円+社長の数時間 245,200円

 

自分で会社設立をするコストを計算して下さい!

 

忙しい経営者様は事業に専念して下さい。

 

このプランは顧問契約をいただいた方限定になります。


※上記の他に、次の費用がかかります。

・設立後の登記簿謄本取得費 1通に付き500円

・会社の印鑑作成費用 (当事務所でも印鑑作成をお受けしております)
・通信費(当事務所からお客様に書類をお送りする実費)

 

※登録免許税は資本金の7/1000です。

 (150,000円未満の場合は150,000円になります。)

 

※内容が複雑である場合、提携司法書士に依頼する場合、東京都以外の場合などは、別途費用がかかります。

お支払方法について
基本的には、当事務所が指定する銀行口座にお振り込みいただきます。

お振込先は、お申し込み後にお知らせいたします。

 

定款の内容、印鑑証明書、資本金が準備できていれば、最短であれば、面談してから2~3日で法務局に申請する書類完成いたします。

法務局申請後、約1週間で謄本取得できます。

 

お客様との書類のやり取りがスムーズに行けば行くほど早く出来上がります。

 

リブロス総合会計事務所に依頼する理由は「安心」&「経済的」

司法書士又は行政書士の方に会社設立の依頼をしても、その後に税理士・会計事務所を探さなくてはなりません。

税理士・会計事務所は、会社設立後の決算申告、税金、銀行融資のご相談まで、会社運営の重要なポイント全てに関わってきます。

それならば、会社設立だけを個別に依頼するよりも、その後も長い関わりを持つリブロス総合会計事務所に依頼した方が安心できるのではないでしょうか。

会社運営は設立前からスタートしています。スタートダッシュにつまずかないように、お手伝いいたします。

 


電子定款で4万円節約

ご自分で定款を作成し、公証人の認証を受けようとした場合には、4万円の収入印紙が必要になります。当事務所は電子定款を採用しているため、その4万円が必要なく、しかも、当事務所の手数料が、収入印紙代の4万円よりも安いため、当事務所に依頼した方が経済的になります。

 

手続きは簡単です

 

会社設立の必要書類は、当事務所で作成致します。法務局に書類を提出するだけで、会社を設立することができます。法務局への提出は窓口に出すだけ。多忙なお客様は、郵便や宅配便での送付も可能です。通常であれば司法書士が法務局へ登記申請の代理をします。そのコストを削減しました。

 

手続きは簡単です

 

会社設立の必要書類は、当事務所で作成致します。法務局に書類を提出するだけで、会社を設立することができます。法務局への提出は窓口に出すだけ。多忙なお客様は、郵便や宅配便での送付も可能です。通常であれば司法書士が法務局へ登記申請の代理をします。そのコストを削減しました。

 

最初は面談から

 

 

当事務所では安心・信頼・親身に会社設立のご相談をお受けします。その為、ご相談は面談、顔会わせからスタート。メールやお電話だけで済ませることはありません。直接お会いして、お客様と本気で向き合います。またフットワーク軽く、迅速に対応致しますので、お急ぎの方もご相談下さい。


会社設立について >> 定款・印鑑 |会社設立メリット・デメリット


お問合わせ │ お電話 03-6808-8567